*【 2006,06,20 】2006年度の開催概要、有料観覧席についての詳細が正式決定しました。【更新履歴】・2006,07,24:お知らせを更新・2006,04,26:サイト新設・2006,04,26:PL花火芸術について、花火観覧について(有料観覧席)をアップ・2006,04,26:2005年と2004年のスライドショーをアップしました
 【 沿革、観覧アドバイス、毎年の最新情報など「PL花火芸術」を写真で紹介します 】
   最終更新:2006,08,03 2006年ムービー第二弾をアップしました

*下端のメニューは複数段に分かれています。右端の▼をクリックして移動してください
*更新内容が表示に反映されない時はブラウザーのキャッシュをクリアしてみてください
*ご意見、ご感想はこちらまで。ただし、個人運営のサイトにつき個別のお問い合わせにはお答えできない場合がありますm(__)m
2006- T.Kono: All rights reserved
since 2006,04,26



【更新履歴】・2006,04,26:サイト開設
PL花火芸術、これは一夜、それも一時間足らずの間に10万発以上の花火を打ち上げてしまうという名実共に世界一のスケールを誇る超メガトン級の花火大会。確かに間近で見ると打ち上げ数、種類はもちろん、演出、進行と全てにおいて非の打ち所が無いほどすばらしく、なかでも8000発を一気に炸裂させて大阪中南部一帯をとてつもない轟音とともに赤く(年によっては白く)染め上げるラストシーンは絶対に他では見ることが出来ない驚きの一瞬!まさに大阪人ならずとも一度は見ておくことをお奨めしたい真夏の夜のビッグイベントなのである。(沿革)L花火芸術は「パーフェクト リバティ(PL)教団」が毎年8月1日に執り行う教祖祭の一環として開催している名実ともに世界最大の花火大会。正式名称は「教祖祭PL花火芸術」という。  この花火大会は「わしが死んだらこの教えは世界に広まることになる。だからわしが死ぬということは世界平和のためにめでたいことであるから、死んでもけっして泣いたり嘆いたりしてくれるな。死んだら花火を打ち上げて祝ってくれ」との初代教祖の遺志を受け、昭和28年に松山で教祖15年祭が行われたときに花火を打ち上げたのが事実上の始まりである。 その翌年から富田林市の大本庁において世界平和を祈念して初代教祖に捧げる宗教行事・教祖祭の一環として「花火芸術」が執り行われることとなり、現在では大阪のみならず全国的、かつ大規模な花火大会として広く知られている。打ち上げ数10万発、世界最大級と桁違いのスケールばかりが語られることの多いPL花火ですが一般の観覧者にとってはこれほど条件の悪い花火も珍しいと思います。あくまでもPL教団の宗教行事であって一般の花火大会ではないと言ってしまえばそれまでですが、とにかく地獄のような混雑覚悟で近場まで足を運んでも観覧に適した場所がほとんど見あたらないのです。打ち上げ場所周辺の府道35号線周辺にしてもゴルフ場のネットや豊富な樹木がかなり邪魔で、特に初めての方にとってはどこに陣取れば良いかさえ分からない・・・と、まあこんな状況です。地元の方や毎年のように足を運んでいる人にはそれぞれのポイントがあるのだとは思いますが、やはり確実に花火を見たい人は絶対に有料観覧席のチケットを手に入れておくことをお勧めします。別頁で述べるとおり、この観覧席も近年は条件が悪くなる一方なのですが、とりあえず観覧席であれば一通りの花火は確実に見ることが出来るはずです。【 有料観覧席について 】 従来はロンパーク駐車場と光丘打球場の2箇所が使われていましたが、PL病院移転のため2003年を最後に光丘打球場が閉鎖され2004年はロンパーク駐車場と聖丘ゴルフ場の1コースが観覧席として使用されました。そして2005年からはロンパーク一箇所のみとなっています。  とにかく光丘打球場が閉鎖されてしまったのは残念の一語に尽きます。ロンパーク駐車場は場内に樹木が多く場所によっては花火がよく見られないという元々当たりはずれの大きな観覧席だったのですが、ここの場合、致命的なのは何よりもその「立地」! ・・・PLの花火はPL本庁舎の信者席に向かって張られるのですが、ロンパークの位置からではそれをモロ真横から見ることになってしまうのです。よってナイアガラはほんの少ししか見られませんし最後の特大スターマインにしても厚みがなく、かなり迫力に欠けた見え方になったしまう事を知っておいてください。ただ、そうは言っても現状ではお勧め出来るのはここ以外なくなってしまったのは本当に辛いところです。【 有料観覧席について 】 従来はロンパーク駐車場と光丘打球場の2箇所が使われていましたが、PL病院移転のため2003年を最後に光丘打球場が閉鎖され2004年はロンパーク駐車場と聖丘ゴルフ場の1コースが観覧席として使用されました。そして2005年からはロンパーク一箇所のみとなっています。とにかく光丘打球場が閉鎖されてしまったのは残念の一語に尽きます。ロンパーク駐車場は場内に樹木が多く場所によっては花火がよく見られないという元々当たりはずれの大きな観覧席だったのですが、ここの場合、致命的なのは何よりもその「立地」! ・・・PLの花火はPL本庁舎の信者席に向かって張られるのですが、ロンパークの位置からではそれをモロ真横から見ることになってしまうのです。よってナイアガラはほんの少ししか見られませんし最後の特大スターマインにしても厚みがなく、かなり迫力に欠けた見え方になったしまう事を知っておいてください。ただ、そうは言っても現状ではお勧め出来るのはここ以外なくなってしまったのは本当に辛いところです。200604260112