【 沿革、観桜のアドバイス、毎年の最新状況など「大阪造幣局・桜の通り抜け」を写真で紹介します 】
  *更新情報:2007,04,12:4/11(最終日)の開花状況をアップしました/ 2007,04,04:お知らせを更新

*下端のメニューは複数段に分かれています。右端の▼をクリックして移動してください
*更新内容が表示に反映されない時はブラウザーのキャッシュをクリアしてみてください
*ご意見、ご感想はfromosaka@gmail.comまで。
ただし、個人運営のサイトにつき個別のお問い合わせにはお答えできない場合がありますm(__)m
since 2003,04,30

2003- T.Kono: All rights reserved

・2007,01,19:1/19の開花状況をアップ・2007,01,18:1/18の開花状況・2007,01,15:1/15の開花状況・2007,01,13:1/13の開花状況・2007,01,08:1/8の開花状況・2007,01,07:1/7の開花状況・2007,01,06:2007年の開花状況・2006,03,31:2006年の梅便り、無事完結しました!・3/13の開花状況・2006,03,13:3/13の開花状況・2006,03,02:3/02の開花状況・2006,02,04:2/04の開花状況・2006,0202:2/02の梅林風景・2006,01,21:1/21の梅林風景・2006,01,19:1/19の梅林風景・2006,01,14:1/14の梅林風景・2006,01,04:2006年梅だより開始しました。20030330009609215321222 【更新履歴】・2006,04,15:4/13、4/14、4/15の開花状況をアップしました・2006,04,12:2006年通り抜け・初日の様子をアップしました・2006,04,09:2006年造幣局の桜:4/9分をアップ /2006,04,04:2006年造幣局の桜を新設/2006,03,27:通り抜けを紹介するスライドショーをアップしました /2006,03,27:「通り抜けの花図鑑」更新 / 2006,03,17:2006年度・通り抜けの日程が決定しました 旧淀川沿いのこのあたりは古くから景勝の地として名高い場所であり、特に春には観桜の名所として知られたところである。秀吉の大坂城築城のころには織田信長の末弟、織田有楽斎が別荘を構えていたこともある。 創業当時の造幣局は現在のOAPあたりまでを含む広大な敷地を有していたが(現在の約二倍)、江戸時代に泉布観の北側にあった藤堂藩の蔵屋敷跡から造幣局の正門周辺の大川沿いに移植した里桜が毎年春になると多種多彩でみごとな花を咲かせていた。明治16年、時の造幣局長だった遠藤謹助が「市民と花見を楽しもう」と花盛りの頃(初回は4月20日から3日間)桜並木を一般に開放したのが桜の通り抜けの始まりである。他に例をみない多品種の桜たちは瞬く間に大人気を博し数多くの市民が桜見物に殺到する事となったため、混雑の緩和と安全をはかるために一方通行の措置がとられる事となった。「通り抜け」の呼び名はこの時、市民の間で語りぐさとなった「後戻りできない通り抜け」がいつの間にか定着したものだという。ちなみに日程は当初、三日間だったが大正4年から一週間となっている。 初回から数えて120年余、なにわの春の風物詩としてしっかり定着した「通り抜け」だが様々な受難の歴史がある。 明治18年の淀川大洪水の折には大きな被害を受けたし明治末から加速度的にひどくなった「煙の都、大阪」の大気汚染の進行によって桜並木が絶滅寸前に追い込まれたことがある。この時は「桜博士」秋山忠次郎を招き徹底的な対策を施した上、埼玉県などから桜の苗木を買い入れ移植した事によって昭和6年には74種764本から成る560mの見事な桜並木が復活している。そして第二次大戦での戦災。造幣局の建物も7割近くが空爆で被害を受けたが特に昭和20年6月15日の空襲では桜並木300本が焼失するという大きな被害を受けている。戦後は造幣局の復興と共に桜並木も修復され戦中の昭和17年から中断された通り抜けも22年に再開、26年からは夜桜も始まった。その後は植物園、造園関係者に委託して桜並木の維持管理がされているとともに毎年のように新種、珍種の桜も追加されており(2005年3月現在123品種、363本)、今では造幣局でしか見ることが出来なくなってしまった貴重な桜も数多くなっている。特に桜は病害虫、大気汚染には弱く管理に大きな手間がかかる木であることを考えると、これだけの桜並木の保存に努める造幣局の見識の高さとその努力には敬意を表すべきだろう。 通り抜けにまつわる事件として思い出されるのは昭和42年4月22日夜の惨事。土曜日の夜ともあって20万人もの市民が夜桜見物に押しかけたこの日、閉門を10分後に控えた午後8時50分頃、通り抜けようと南門付近に殺到した見物客が折り重なって倒れ老女1人が死亡、 27人の重軽傷者を出した。これを機に入り口付近の通路の拡張、閉門時間の延長などの対策が講じられているが、やはりピーク時には桜並木を通り抜けるだけで2時間近くかかるほどの混雑となるので慌てずゆっくりと、そして警備員の指示には必ず従って下さい。 造幣局の桜は何と言っても種類が豊富なのがその特徴。観賞用として扱われる桜200種中、約120種が造幣局の敷地内に揃うというが、確かにこれだけ多種多様、しかも見事な桜が一同に会した風景はこの造幣局をおいて他では絶対に見る事が出来ないと思う。ぜひとも会期中には足を運んで艶やかな花の姿を心ゆくまで堪能してください。【 観桜について】 120年以上の歴史を経て今やなにわの春を締めくくる歳時記ともなっている造幣局・桜の通り抜け。確かに色とりどりに咲き誇るふくよかな里桜たちはえもいわれぬ程に美しいのですが春の花、特に桜というのは移ろいが早く、たった一週間の期間中でも始めと終わりではかなり様相が変わってしまいます。品種の豊富さにかけては他に類がないほど豊富な造幣局の桜を堪能するには出来れば一週間の期間中、何度か足を運んでみることをお薦めします。 通り抜けの開催期間は毎年4月中旬の一週間。これは桜並木の管理を委託されている造園業者や専門家の方達の予想に基づいて例年三月中旬あたりに決められています。期間が決まれば新聞、テレビ等でも大きく報じられますが、早く確実に情報を得たい方は造幣局のサイトでメールマガジンの登録をしておけばよいでしょう。 しかし、気まぐれな春の天気に振り回されてごく希にこの予想がはずれることもあります。開催規模が大きく警備上の問題から一度決めた会期は変更することが困難なようで開催初日に既に見頃を過ぎていた・・・そういった年も過去には何度かありました(近いところでは2003年)。そんな時には並木道に面した造幣博物館の見学に行けば造幣局正門から博物館までの並木道(全体の半分弱程度ですが)の花たちは楽しむことも出来る・・・と、大きな声では言えないにしてもそんな裏技(?)もあります。(*重要!:お出かけの際は造幣博物館の開館日時をよく確認して下さい。土日はもちろん通り抜け開催期間数日前からは閉館となりますので) 「なにわの一大歳時記」ともあって毎年80〜100万人の観桜客が詰めかける桜の通り抜けですが近頃は観桜客も分散される傾向にあり、土日をはずせばかなりゆったりと桜見物を楽しむことが出来るようです。ただ、過去の経験&データからすると最も混雑が激しくなるのは「晴天の土曜日」・・・一番の混雑時にはわずか500m程度の並木道を通り抜けるのに2時間以上かかることもあります。以前に比べれば改善されているとは言え並木道には狭いところも多く、時には生命の危険を感じるほどの混雑となることもあるので(過去には死傷者を出したこともあるのです)警備員の指示には必ず従うようにして下さい。 最後に桜はとても弱い木です。ふくよかな花たちを視線の高さで楽しむことが出来るのが通り抜け一番の魅力ではあるのですが、なるべく花には手を触れない、また、どうしても仕方がない時には(実際、花をかき分けないと前に進めないところもあります)花木へのいたわりの気持ちを忘れないで下さい。この通り抜けをこれからも末永く楽しんでいくためにも、これだけはぜひともお願いしておきたいと思います。