FromOSAKAについて


OSC050501ka2.jpg

このサイトについて

 2001年4月末にアップして以来、細々と続けてきたこのサイトですが、Yohoo!Japan、Exciteなどのメジャーなサーチエンジンにカテゴリ登録していただけたおかげで毎日一定数以上の方に見ていただけるようになりました。遅ればせながら、ここではこのサイトの由来やよくいただくお問い合わせなどについて、ご挨拶も兼ねてまとめてみたいと思います。子供の頃から「太閤記」の影響で豊臣秀吉は好きだったとはいえ、大阪生まれでもない自分がこんなサイトを作っているなんて、これは何かのお導き(?)としか言いようの無い気がしておりまする(笑)

※このページはサイトを作成し始めた頃のものです。今後の更新はありません。

サイトの内容について

 今の大阪城と豊臣秀吉の作った大坂城とは全く別物だということ広く知らしめたい!と思ったのが、このサイトを立ち上げたきっかけです。建造物はもちろんのこと、堀から石垣まで現在の大阪城は全て大坂夏の陣後に徳川幕府が作り直したものであることを多くの方に知っていただきたかったのです。

 ただ、当初は「今の石垣の下に埋まっている豊臣時代の石垣を全て掘り返してこそ本物の大坂城」なんて過激な(^^ゞ思い入れまで持っていたのですが、このサイトを立ち上げてから毎週のように大阪城に通うようになるにつれ、現在の石垣遺構の見事さや、他に例を見ない都心に残る広大な城址公園(江戸城は別格)が織り成す四季の風景といったものにも強く惹かれるようになりました。それは何かと批判の多い鉄筋コンクリート製の天守閣についても同じです。古来この地に起こった歴史上の数々の出来事を踏まえながら、今の大阪城の姿をありのままでお伝えしたいというのが現在のスタンスです。

 上記の内容とダブりますが、ごく稀に、大阪城に関して「侵略者(豊臣秀吉/朝鮮出兵に絡んで)」の城」であるとか、明治時代以降に陸軍の西日本統括の拠点となっていた事と隣接した大阪陸軍造兵廠に関連して「大阪城=日本軍国主義の象徴」といった攻撃的な内容のメールを頂くことがあります。様々な歴史がこの地にあることは紛れも無い事実であり、それらのことは忘れてはならない事と考えます。ただ、ここでは単に否定的な偏った捉え方ではなく、あくまでも歴史上の事実として折に触れてお伝えすることができればよいと思っています。

 サイトを続けるうちに大阪城の話題だけではネタが続かなくなったことから自分の身近な、ちょっと気になる場所も紹介したくなり、サイトを始めたときにトップページに使用していたものを纏めたページを引き継ぐ形で続けているのが「旬の風景」です。不定期、かつ行き当たりばったりで作っていますので、たまにのぞいていただければ幸いです。またコラム「素人のひとりごと」はその名の通り好き勝手に書いているお気楽コラムです。趣味のPCの話題に偏っている感がありますが(実際PCに関するものは評判が悪いです)、ここでは自分の欲求不満のはけ口とばかり好きにやらせてもらいます(笑)。よって「お題」の内容に関しては一切、ご批判の類は受け付けません!・・・・・^_^; ただ、できるだけの頻度で更新を心がけていますが、仕事等の都合でなかなか筆が進まないのがつらいところです。

 最後に、これはあくまでも普通の会社員が趣味の範囲で運営しているサイトです。記載内容は自分の足で歩いてみたうえでの事実、及び史実に基づくことを第一義としているつもりですが、もし誤りがあればメール等でお知らせいただければ幸いです。

よく頂くお問い合せについて

[ 写真について ]

 「大阪城を写真で紹介」とサーチエンジンで紹介されたためか、よくサイト内の写真を使わせて欲しいとのお問い合わせをいただきますが、とりあえずメール等でご連絡ください。

 一旦WEB上に公開した以上、どんな使われ方をされようと文句を言えないのがインターネットの掟であることは承知しているつもりですが、やはり無断で使われているのを見るのは気分が良いものじゃない・・・ですよね?(笑) ちなみに申し上げておくと、デジタルカメラで自ら撮影した物についてはお断りした事は一度もありません。

 蛇足ながら、印刷物用に借用したいとのお問い合わせを頂くことが近頃多いのですが、ここで使用しているのはあくまでもWEB表示用(72dpi)の画像ですので印刷物用としては解像度不足(300-400dpi必要)かと思います。元画像(1600x1200~3872x2592pixels/RGB)は基本的に手元に置いてありますのでご相談ください(*2592x1944pixelsの画像の場合、350dpiの印刷物用として使用出来るのは 19cm x14cm程度のサイズまでとお考え下さい)。但し、トリミングして使用しているものもありますので全ての画像がこのピクセル数であると限らない事はご承知おきください。

[ 大阪と大坂について ]

 たまに「大坂」と「大阪」の違いについてお問い合わせを頂きますが、明治以降は「大阪」、それ以前は「大坂」の表記が使われていました。一般的には「坂」の文字は「土に返る」=死を連想させることから縁起が悪いため、廃藩置県の際に「大阪」と改められたと言われています。

 ちなみに慶応四年五月十五日に新政府が制定した大阪府の印章の印文は「大阪府之印」と記されており、その時点での政府は「大阪府」と認識していた事が分ります。ただ、大阪と大坂の混用はその後しばらくの間続き公文書でも坂の字を使用していた場合があったそうです(「大阪市の歴史」大阪市史編纂所編、創元社、1999より)

 なお、このサイトでは徳川時代以前については「大坂城」、明治以後の近代に関しては「大阪城」の表記を用いています。

[ リンクについて ]

・ページに関するリンクは完璧にフリーです。またサイト内どのページにリンクして頂いても構いませんし、リンクの連絡等も一切不要です。ただ、メール一本頂けると人の良い管理人はメチャ喜ぶかもしれません ^^; 

・画像の直リンクだけは絶対に禁止とさせて頂きます。
  サーバーに負担がかかり他の方に迷惑がかかります。これだけは守ってね。

・相互リンクはご容赦ください
  ・・・リンクの管理が面倒なので(ぺこり)

作成環境

 DreamweaverMXとホームページビルダーVer.9.0で作成し、Internet Explorer6(Windows)、及び5.2(Mac)とFireFox1.0(Windows & Mac)にて表示の確認を行っています。 当初、ホームページビルダーの「どこでも配置モード」なるお手軽モードでページを作成していたため、表示解像度、フォントサイズの設定でレイアウトが大きく崩れるという御指摘を数多くいただきました(主にMAC版NetScape4.7ユーザーの方だったと思います)。現在、タグの書き換えを少しずつですが進めておりますので、表示が崩れる場合、もうしばらく御辛抱いただければ、と思います・・・・・m(__)m・・・それにしてもブラウザーの違いはもちろんのこと、OSやモニターの解像度、表示フォントの種類、大きさなどの環境を乗り越えてレイアウトを維持することの難しさを実感している今日この頃です。

このサイトの歩み・・・単なる記録かも

  • 2001,04,26
    • サイト名「FromOSAKA」はNiftyでHPを始める申請時にサイト名記入が必須だったため、その時に思いついた適当な名称です。よって、深い意味など全く無いのですが『花火FromOSAKA』、『EscapeFromOSAKA』など使い回しが結構きくこともあり、思いつきにしてはナイスだったと思っています。
  • 2001,11,23
    • TOPページ 10,000hit達成
    • この頃はアクセス数ばかりが気になって日々姑息な広報活動に励んでおりました(^^ゞ 思えば無駄な事に情熱を注いでいた物だと思います。
  • 2002,01,31
    • サイト本館、Yahoo!Japanに 「大阪城」でカテゴリ登録
    • やはりYahoo!の威力は絶大でした。状況としては今も変わっていないようです。
  • 2002,03,08
    • @Nifty vippies 「今日のお勧めサイト」で紹介
    • 一日、数千のアクセスがありビックリ。もちろん翌日には通常ペースに戻りました。
  • 2002,05,19
    • 日刊ホームページ検索君2002/05/19号 本日の一押しサイトに選ばれる
  • 2002,08,
    • GoogleDirectryに登録(サイト本館)
  • 2002,08,22
    • TOPページ 50,000hit
  • 2003,02,02
    • TOPページ 100,000hit
  • 2003,04,02
    • 大阪城梅林・梅便り、Yahoo!Japanに「大阪城梅林」でカテゴリー登録
  • 2003,06, 20
    • 日経ネットNavi2003年8月号(2003,6,28発売)で紹介
    • 雑誌掲載で大いに興奮。ただ、アクセスにはほとんど影響ありませんでした。
  • 2003,07,22
    • So-net/URL TODAY「7/22のオススメURL」で紹介
  • 2004,02,
    • GoogleDirectryに登録(造幣局・桜の通り抜け)
  • 2004,06,08
    • 毎日の日記「素人のひとりごと」過去分削除しココログを使ったFromOSAKA_blog別缶へ移行
    • 日記の過去分削除はサーバー増量してまで残しておく価値はないと思ったからです。
  • 2004,09,
    • GoogleDirectryに登録(FromOSAKA写真別缶)
  • 2005,02,01
    • 自己ドメイン「tktaku.com」取得しNiftyから専用サーバーに移転
    • 理由は安いから。これに尽きます。ただ、今の環境が快適と言うこともあり、もうこれ以上、引っ越しはしないつもりです。
  • 2005,10,20
    • 大阪城梅林・梅だよりを全面リニューアルして写真別館より独立
  • 2005,10,21
    • TOPページ 500,000hit
  • 2005,10,30
    • 別館/KOBE Luminarie(神戸ルミナリエ)新設
  • 2005,11,28
    • KOBE Luminarie(神戸ルミナリエ)Yahoo!Japanに「神戸ルミナリエ」でカテゴリ登録
  • 2006,03,17
    • 造幣局・桜の通り抜けを全面リニューアルの上、写真別館より独立
  • 2006,04,17
    • 造幣局・桜の通り抜け、Yahoo!Japanに「造幣局/通り抜け」でカテゴリ登録
  • 2006,04,26
    • PL花火芸術を旬の風景の一コーナーから発展させる形で新サイトとして独立
  • 2006,05,26
    • PL花火芸術、Yahoo!Japanに「PL花火芸術」でカテゴリ登録
  • 2007,02,12
    • TOPページ 1,000,000hit
  • 2007,08,
    • 交通事故により入院。左腕が全く使えなくなったため引き続き実家(岡山)でリハビリ生活に入る。やむなくサイトも一時休止状態に。
  • 2008,06,
    • 大阪に戻り仕事にも復職。サイトもblogを手始めに徐々に復活。

2002年03月記
   (2008年10月追記)